所在図の書き方


保管場所の所在図・配置図の書き方

熊本県の所在図・配置図です。書式は地域によって異なりますが、記入する項目は

同じだと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

用意するもの  ボールペン・定規など

@自宅と駐車場の距離 自宅と駐車場の直線距離を記入します。
直線距離が2km以内でなければなりません。
A駐車場名 駐車場の名称があれば記入します。
B保管場所 駐車場の中で実際に保管場所になる所を記入します。
保管場所の縦、横の長さも記入します。
車全体が駐車スペースに収まり、前後左右に50cmほどの余裕が
ある事が必要です。
C道路の幅員 保管場所に接する道路の幅を記入。
D連絡先 連絡先を記入します。会社名・担当者名・電話番号など
E自動車の長さ 自動車の長さ、幅、高さを記入します。
保管場所証明申請書、車検証などに記入されています。


  所在図・配置図は左に所在図、右に配置図を記入する1枚の用紙です。
  
  所在図は車の使用者の家から駐車場までの位置関係をボールペンで記入します。
  家と駐車場との間を結んだ距離を記入します。直線距離が2km以内でなければ申請できません。
  学校、駅、銀行、バス停など付近の目標物を記入し、第三者が見てもわかるように記入します。
  地図のコピーを貼ったり(添付も可。所在図記載欄に「※別紙参照」などと記入)して、わかりやすい
  ように記入して提出することもできます。

  配置図は駐車場の状態を記入します。
  駐車場に何台置けるか、その駐車場のどこを保管場所にするのかなどをわかりやすく記入します。
  また自宅の敷地内を保管場所とする場合は建物の場所も記入します。
  保管場所に接する道路の幅員、保管場所の大きさをメートルで明示します。