承諾書の書き方


保管場所使用承諾証明書の書き方

熊本県の保管場所使用承諾証明書です。書式は地域によって異なりますが、記入する項目は

同じだと思いますので、参考にしていただければ幸いです。

用意するもの  ボールペン

@保管場所の位置 駐車場の住所を記入します。
A使用者 自動車保管場所証明申請書の申請者と同一の住所、氏名を記入
します。
B使用期間 使用期間を記入します。
申請日より1ヶ月以上の期間がある事。
※駐車場の契約期間を記入する時は、その期間が1年以上ないと
警察署に認めてもらえない可能性があります。駐車場管理者の方に
承諾をお願いして、使用期間が1年以上になるように記入しましょう。
C日付 承諾してもらった日の日付です。
管理者の方に記入してもらいましょう。
D管理者の住所・氏名 親や親戚、駐車場の管理会社、アパートの大家さんなどに必要な
箇所を記入、押印してもらいます。
E共有者欄 駐車場の土地もしくは建物の所有者が複数いる場合は全員の承諾
が必要です。その場合ここに記名してもらいます。


保管場所使用承諾証明書は車の名義(使用者)と駐車場の名義が違う場合に使用します。
    ・月極駐車場
    ・アパート、マンション等の駐車場
    ・親の名義の土地、親戚の名義の土地  など

  駐車場の管理会社、アパートの大家さんなどに必要な箇所を記入、押印してもらいます。
  証明欄は土地の管理者(承諾者)が記載し、訂正は管理者(承諾者)の印鑑で訂正になります。
  後で記載事項の間違いに気づくと大変になります。ご注意下さい。
  管理会社・大家さんによっては、手数料を請求される場合もあるそうです。

  もし保管場所使用承諾証明書がもらえない場合は、次の書面を承諾証明書に代えて提出できます。
    ・駐車場賃貸借契約書のコピー
    ・住宅公団等の公法人が発行する確認証明書
    ・申請に係る使用権原を疎明できる駐車料金の領収書等
       ※領収書等は必要事項を満たすなどの条件があります。詳しくは警察署へお問い合わせ下さい。


保管場所使用承諾証明書の訂正

保管場所使用承諾書は、記載事項を訂正する時は、管理者(承諾者)の訂正印が

必要になります。申請者の印鑑や修正液などは使えません。

せっかく記入してもらって、家に帰ってから気づいたり、警察署で申請する時に気づいたりしたら、

再び、管理者(承諾者)に訂正や押印をお願いしなければなりませんので慎重に確認しましょう。